rss

商品カテゴリ

コンテンツ





HOME»  ポジション別野球グラブの特徴

ポジション別野球グラブの特徴

投手

投手はグラブの中で握り替えを行うためにポケットが深くなっています。また、球種を読まれないようにするために編み目の無い完全に覆われている形だったり、指カバーがついていたりします。体が大きく球速の速い剛腕ピッチャーなら、引き手のバランスをとるために
大きめのグラブを使います。変化球やコントロールを重視する体の小さいピッチャーなら小さめのグラブを使います。

捕手

捕手はキャッチャーミットを使うことがルールで決められています。捕手はどのポジションよりも多くボールを捕り、防具を装着した状態で
しゃがんで捕るためグラブの形状も独特です。自分のキャッチングのクセが反映出来るように、大きさやポケットの深さ、
全体のバランスなどは様々で、非常に多くの種類があります。

ファースト

ファーストは捕手の次に捕球をすることが多いため、ファースト専用のミットを使用します。ファーストミットは、送球を捕るために
人指し指から小指の4本は一体化し、親指と挟み捕り出来るような構造になっています。近年は外野からのカットプレーやピッチャーとの連携など、守備がしやすいように小型化しています。

内野

内野は横の動きが重視されます。一般的なセカンド用は野球グラブの中で一番小ぶりで、ボール一個を包むことが出来ない程小さいです。一塁への送球やゲッツー・中継プレーなど、ボールを捕ってすぐに送球出来るようにポケットが浅めです。

サードはバッターとの距離が近く、右打者の鋭い打球を捕ることが多いです。そのため、打球に負けないようにポケットが深くなっているのが特徴です。

ショートは内野のオールラウンドとも言われ、セカンドとサードの特徴を併せ持ちます。強いあたりの処理と連係プレーやフィールディングを重視する構造になっています。

外野

外野は上下の動きを重視するため、縦にグラブが長くなっています。フェンス際のプレーが多く、ジャンプして捕ることも多いです。
また、遠くに速い送球が出来るかも重要です。外野用のグラブはピンセット型が理想とされており、閉じた時に二等辺三角形に
なるものが適しています。

野球グラブや野球スパイクをお探しなら、ぜひ当店をご利用ください。当店は岡山県倉敷市にあるスポーツショップの通販サイトです。
新商品をいつもお得な価格で提供しております。メーカーはミズノ、ウイルソン、ローリングス、アシックスなどをご用意しています。
また当店では、野球グラブの修理、型付け、刺しゅうなども行っています。ミズノが認定した最高ランクの資格を保有するリペアマンが
対応致しますので、お気軽にご相談ください。